やる気スイッチの場所を発見

2012年11月26日「“やる気スイッチ”は大脳の一部位にあった」 サイエンスポータル編集ニュース 科学技術 全て伝えます サイエンスポータル / SciencePortal.

期待される報酬によってやる気が増すと言う事は、それに現実味や有難味が無いとやる気も出ないという事ですね。さて、それで無くてもやる気が出ない人も多くいるとは思いますが、もしこの分野の研究が進み、投薬等により人工的にこの神経活動をコントロール出来た場合に利用を希望する人もそれなりに多いのでしょうか。

人工知能は実現するか

人工知能が実現すると思う理由 – WSJ日本版 – jp.WSJ.com.

構造的に脳に近いものが出来上がったとして知能を持たせることは可能なのかという問題は有りますね。俗説では有りますが母胎にいる時にモーツアルトを聞かせると良いとか言われる様に幼少時の周囲の環境に依存すると考える人も多いとは思いますがその辺りはどうなんでしょうね。

胃がんは細胞の“iPS化”で発症か

2012年11月2日「胃がんは細胞の“iPS化”で発症か」 サイエンスポータル編集ニュース 科学技術 全て伝えます サイエンスポータル / SciencePortal.

今年のノーベル医学賞で話題となったiPS細胞の初期化が胃の中で起きていたという話です。iPS細胞は再生医療の利用への期待とともに癌の発生に依るリスクが有りその研究が進んでいるそうですが、今回は癌の原因として特定することで予防方法を探す手がかりとなるそうです。日本人の死因の上位に上がる胃がんですがこの研究により減るといいですね。